家庭教師で成績が伸びる子と伸びない子の違いについて解説!

公開日:2022/05/16  

家庭教師は基本的にマンツーマン指導なので「家庭教師をつけたら成績が伸びるのではないか」と考えている方もいるのではないでしょうか。実は全員にとってそうとは言い切れません。家庭教師で「成績が伸びる子」がいる一方で「成績が伸びない子」もいるのです。今回は「家庭教師で成績が伸びる子と伸びない子の違い」について解説します。

家庭教師で成績が伸びる子の特徴

まず、家庭教師で成績が伸びる子にはどのような特徴があるのでしょうか?下記に3点紹介するので、ご覧ください。

■子ども自身に「意志」や「目的」がある

子どもの成績が心配だから・もっと伸びてほしいからといって、親が一方的に家庭教師をつけただけでは成績は伸びにくいです。勉強する子ども自身に「もっと点数を上げたい」という意志や、「あの学校に合格する」という目的があると、子どもは自分で積極的に取り組んでいけます。

また、子どもが自分の意志や目的を見つけるためには、「自分にもできるかも」という小さな成功体験の積み重ねが必要です。家庭教師の体験授業などを受けることも、ひとつの成功体験につながっていきます。

■先生との相性がよい

家庭教師は基本的にマンツーマンでの指導です。そのため、担当の先生との相性が合っているかどうかは非常に重要なポイントです。相性のよい先生だと、子ども自身が「もっとちゃんと話を聞こう」「成績を伸ばして先生にも喜んでほしい」という気持ちを持ちやすいため、勉強にも積極的に取り組んでいけるようになります。

■家庭教師の日以外にも勉強できる仕組みがある

家庭教師の先生に教えてもらうのは、週に12回の場合が多いですよね。どれだけ相性のいい先生に教えてもらっていても、その時間だけの勉強では成績が伸びにくいです。そのため、家庭教師の日以外にも子どもが勉強できる仕組みがあることが重要です。

とくに子どもが自分で計画を立てるのが難しい場合は、先生から「今週はこのページまで終わらせよう。11ページのペースで進めてね」と計画を立ててもらうと、実際に教えてもらう以外の日にも無理なく勉強を進めていけます。

家庭教師で成績が伸びない子たちに共通している点

では、家庭教師で成績が伸びない子に共通している点は何でしょうか?以下に4点紹介します。

■子どものやる気が高まっていない

先生や親がどれだけ子どもに働きかけても、本人の意志や目的がなく、やる気が高まっていない状態では成果は出にくいです。子どもの意志を無視して話を進めてしまっていないでしょうか。まずは子どもと対話して意志を確認し、しっかりと向き合っていきましょう。

■先生との相性がよくない

子どもと家庭教師はどちらも人なので、どうしても相性が合わないこともあります。そうなってしまうと、子どもも勉強が苦になってしまう可能性があります。相性がよい家庭教師と学んでいくことは、子どもと家庭教師どちらにとってもよい結果につながっていきやすいです。

■家庭教師の時間しか勉強をしていない

家庭教師が来る時間のみ勉強をしている状態は、まったく勉強習慣がない子どもからすると大きな一歩ですが、それだけでは成績を伸ばすには不充分な場合が多いです。家庭教師以外の時間でも勉強できる仕組みを作っていけるように、先生とも相談していきましょう。

■塾のほうが合う性格である

家庭教師は基本的に11のマンツーマン指導であるため、その方が成績は伸びやすいと考えている方もいるかもしれません。しかし、子どもによっては家庭教師より集団で学ぶ塾の方が成績は伸びやすい場合があります。周りの友達と一緒に頑張りたいタイプの子どもは、塾の方が向いているかもしれません。

家庭教師で成績が伸びない場合の対処法

それでは、家庭教師で成績が伸びない場合はどう対処していけばよいのでしょうか?その対処法に関して、3点紹介します。

■家庭教師の時間以外に勉強できる仕組みをつくる

家庭教師の時間以外に勉強できる仕組みをつくりましょう。まずは、先生から無理ない範囲で続けられる具体的な宿題を出してもらうなどが取り組みやすいですね。

■担当の先生を変更する

先生と相性が合っていない可能性があるため、年齢が若い先生や指導力の高いベテラン先生に変更してもらうなど、子どもに合った先生への変更も検討しましょう。先生の変更は連絡すればすぐにできるものでもないため、先生との相性が気になる場合は早めの検討がオススメです。

■塾に切り替えてみる

まずは上記2点を検討してみて、そもそも家庭教師のマンツーマン型が合っていないようであれば、集団で学べる塾への切り替えも検討してみてはいかがでしょうか。友達と切磋琢磨しながら勉強できる環境のほうが、成績が伸びていく子どももいます。

 

今回は、「家庭教師で成績が伸びる子と伸びない子の違い」というテーマで、「家庭教師で成績が伸びる子の特徴・伸びない子の特徴・成績が伸びない場合の対処法」について紹介しました。マンツーマン指導の家庭教師をつけることは、必ずしもすべての子どもの成績向上につながるわけではありません。子どもの意志を尊重して、それぞれに合った勉強スタイルをつくっていきましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

四谷進学会 本社:〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-10-7 DKKビル8F TEL:0120-958-889 営業時間:平日9:30~20:00/土日9:30~18:00 定休日:
続きを読む
学生家庭教師会(株式会社ライフブリッヂ(東京学参グループ)) 住所:東京都目黒区東山2-6-4 TEL:0120-70-2339 営業時間:月~金13:00~21:00 家庭学習を効率的にす
続きを読む
学研の家庭教師(株式会社学研エル・スタッフィング) 本社:東京都豊島区高田3-14-29 KDX高田馬場ビル3F TEL:0120-351056 受付時間:9:00~21:00(月曜~土曜)
続きを読む